管理方法

水質管理


 立ち上がっている水槽にフグを入れたのですから、毎日水を替えたりする必要はありません。基本的には、週に1回、1/3くらいの量を替えます。

 フグが呼吸や糞をして、それが毒に変わり、水槽内に溜まっていきます。毒は微生物=バクテリアによって、比較的無害なものに分解されていきます。具体的には、

 糞→アンモニア(猛毒)→亜硝酸塩(毒)→硝酸塩(微毒)

 これが熱帯魚飼育の基本なので、憶えられない場合はメモして貼っておきましょう。

 硝酸塩は比較的無害ですが、それでも蓄積されるとフグは耐えられません。硝酸塩は普通の水槽ではそれ以上分解されません。そこで、水替えが必要になってきます。水替えとは、この硝酸塩を水槽の外に出すために行うのです。

 水替えにはサイフォンホース(水替えホース)を使います。フグは水槽に入れたままでも大丈夫ですが、驚かせて飛び出させないようにしましょう。底の砂をまんべんなく吸い取って、ゴミや糞を掃除します。

 吸い取った分、新しく作った水を足します。あらかじめ、水温を合わせて置き、足す様にします。水温を合わせるには、水槽とは別にオートヒーターを用意するのがラクです。

 水を足すときはゆっくり足した方が無難です。


 時々、亜硝酸塩を測ってみて下さい。検出されなければ問題ありませんが、検出された場合、何か問題がありますので、原因を探して下さい。

 日々、水が蒸発し、水位がどんどん下がっていくと思います。規定水位にテープを貼るなどしてマーキングし、減ってきたら、カルキ抜きした真水を足して、水位を戻して下さい。ペットボトルに水道水を入れ、フタをせず1日くらい放置したものでも良いと思います。カルキは6時間ほどで自然に抜けます。真水を足すわけは、汽水〜海水が蒸発しても、それは水分だけで、塩分は残り、どんどん塩分が濃くなっていくからです。比重計があれば、時々比重を検査する様にして下さい。

※ 通常、バクテリアの素を入れる必要はありません。立ち上がっている水槽には必要のないものです。

inserted by FC2 system