UFOキャッチャーのミドリフグの飼い方

UFOキャッチャーのミドリフグとは?

 ゲームセンターのUFOキャッチャーの景品として、小ビンに生きているミドリフグが入れられていることがあります。それは次の様なものです。


← 画像をクリックすると、ミドリフグを販売しているサイトが見られます。

※ UFOキャッチャーのミドリフグとは無関係です。


1.ビンの大きさは、高さが10cmくらいで、水量はおよそ500ml。
2.薄く砂が敷かれている。
3.酸素の出る石が一粒入れられている。
4.フグの大きさは2〜3cmくらい。
5.水質は不明。

 ポスターには飼育は簡単そうに書かれていますが、少なくとも、その小ビンのまま飼育できたりするわけではありません。「ひとつまみ塩を入れると長生きする」と書かれている場合もありますが、それでは決して長生きはしないのです。

 ゲームセンターに文句を言うよりもまず、取ってきてしまったミドリフグを助けてあげてください。熱帯魚を景品にするゲームセンターにも問題はありますが、よく調べずに「ゲーム」で「生きもの」を連れ帰ってしまった人にも、まったく責任がないとも言えないと思われます。

 ミドリフグの命は、ビンの中ではあと数時間です。助けてあげられるのはあなただけなのです。

※ このサイトは、ミドリフグをゲームの景品にすること、景品のミドリフグを取ることを勧めているのではなく、取ってしまったミドリフグの命を救うことを目的に作成しました。

※ 普通は1ヶ月前から水槽を準備してからフグを迎えるべきところを、もうフグがいるのですから、ここに書かれている方法でも、フグが生き残れるかどうかはフグ自身の強さも大きく影響しますことをご理解ください。

※ ハチノジフグの飼育方法は、ミドリフグと全く同じ方法で大丈夫です。ハチノジフグを取られた方もこちらを読み進めて下さい。

※ まだフグがいない場合のミドリフグの飼育方法は、「小型水槽でのフグの飼い方」のページを見て下さい。

inserted by FC2 system